小売り事業の開始と「何ぞ屋」の設立

 弊社は2010年5月より小売り事業を開始します。同時にこの事業を展開するブランドとして「何ぞ屋」(なんぞや・nanzoya)を立ち上げます。
 「何ぞ屋」の主な取扱い商品は腕時計と鞄および日用品雑貨で、コンセプトは ”記憶に残るモノ” です。身の回り品のデザインと機能やライフサイクルに興味をもつ、20代から40代の男女をターゲットに、様々なメーカーやブランドの商品を販売いたします。
 販売チャネルとしては複数のECサイトと実店舗を予定しており、5月上旬のオープンに向けて準備を進めています。
 この事業は「世界中の価値あるものを探し、提供する」という弊社の基本理念に則った主軸となる事業です。どうぞご期待下さい。